ごあいさつ

理事長あいさつ

昭和59年1月より「財団法人京都医療学際研究所附属病院」として活動して参りましたが、30周年を期して、病院を移転、新生「がくさい病院」としてスポーツ整形、スポーツ医科学と回復期リハとリハビリテーションを二つの柱に新たな歩みを始めます。

アスリート対象のリハビリから、在宅医療を担う日常生活の質の向上を図るリハビリテーションまで高度なリハビリ医療を担える人材の育成に努めるとともに患者さんに寄り添う医療を展開します。

一般財団法人京都地域医療学際研究所 理事長 森 洋一
一般財団法人京都地域医療学際研究所 理事長 森 洋一

院長あいさつ

がくさい病院は、平成25年11月から新しく生まれかわり、スポーツ整形中心の整形外科領域と、回復期リハビリテーション領域において、最新で良質な医療・看護・リハビリテーションを提供することに更に力をいれます。職員全員が、これまで以上に患者様の気持ちや思いをくみ取り、皆様から信頼される病院作りを目指します。患者様が質の高い日常生活を過ごせるよう、そして、喜びをともに分かち合えるよう、患者様中心の医療・看護・リハビリテーションを提供して地域医療に貢献してまいります。

がくさい病院 病院長 小西 哲郎
がくさい病院 病院長 小西 哲郎
診療科
診療部
関連施設等